第26回日本外来小児科学会年次集会

一般演題募集のご案内

募集期間

締め切らせていただきました。

一般演題の発表は、原則として同一演題に対し口演(PC形式)とポスター発表の両方をお願いします。口演のすべてを聞くことはできないため、ポスターを展示して口演内容をいつでも見ることができるようにしています。

ご発表いただいた一般演題を実行委員会で審査し、優秀演題には「サンポート大賞」を、その中で最優秀とされた演題には「うどん大賞」を選出し、会期中に受賞者発表および表彰を行います。

■申込方法

・お申込は演題登録サイトからに限らせて頂きます。
・演題登録サイトに指定された必要事項をご記入の上、最下段のボタンより内容確認の上、送信してください。
・演題を受け取りましたら、自動で受取メールが届きます。半日以内に届かない場合は、下記担当までお知らせください。

◎筆頭演者は、日本外来小児科学会会員または会員が所属している施設の職員に限ります。また、発表者の中に会員が含まれている必要があります。

※上記に当てはまらない場合はご案内(ガイドブック)の記載や学会公式サイトを参照して、早急に学会入会手続をお願いいたします。

【抄録作成について】
・抄録には外字・特殊文字の使用はできません。
・抄録本文は全角800字以内におまとめ下さい。あらかじめワードなどのワープロソフトで作成しておかれることをおすすめします。

■ 演題採否等の連絡

演題の採否、発表形式、発表時刻等については実行委員会にご一任ください。 採否につきましては、6月末までにE-mailで連絡いたします。

■ その他

◎一般演題の応募が多い場合には、ポスター展示のみをお願いする場合があります。

■ お問合せ先

第26回日本外来小児科学会年次集会運営事務局
E-mail:endai26th_sagpj@academicbrains.jp
演題登録
締め切らせていただきました。


1.口演発表 8月27日(土) 午後

○口演は発表6分、質疑3分の予定です。
○口演に使用する機器はPCプロジェクター1基とさせていただきます。
○発表データについて
USBまたはCD-Rでご用意ください。CD-R/W、DVDは使用できません。
発表データは Windows 版 Power Point で作成されたデータのみといたします。実行委員会が用意するPCのOSはWindows7、発表用ソフトはマイクロソフト社製パワーポイント2003-2013です。データ破損に備え、バックアップデータをお持ちになることを推奨いたします。

・動画を使用する場合
動画を使用する場合はWindows Media Player(Ver.10以上)で再生されるファイルをご使用になり、ご自身のノートパソコンを必ずお持ちください。なお、音声についてもご利用いただけますので、当日PC受付にお申し出ください。

・Macintosh を使用される場合
D-SUB15ピン D-SUB15
ご自身のパソコンとACアダプターを必ずお持ちになり、D-SUB15ピンの端子で接続できるようご準備ください。

・ノートパソコンを持ち込まれる方へ
実行委員会ではD-SUB15ピンのケーブルをご用意致します。スクリーンセーバーならびに省電力設定は事前に解除しておいてください。本体付属の電源コードは必ずお持ちください。

お預かりしましたデータは、発表終了後年次集会実行委員が責任をもって、すべて消去致します。
○色覚異常者のためのバリアフリープレゼンテーションについて
学会参加者の中には色覚に異常を持った方がいらっしゃいます。スライド作成の時にご留意ください。具体的には分かりやすい文字と背景の組み合わせを選び、特に黒バックに濃い赤字はお避けください。色は3色程度までに抑えてください。
グラフは塗りつぶしパターンを変えるなど白黒印刷でも判断できる図表にしてください。

2.ポスター発表

●展示サイズ

掲示には縦210cm×横90cmのパネルを用意します。 上部縦20cm×横70cmには演題名、発表者名、所属を掲示してください。 発表内容は縦180cm×横90cm内に、要旨、目的、結果、考察、結語の順で収まるように掲示してください。図、表を含めスペース:A3用紙10枚程度にお願いします。 演題番号表示とプッシュピンは実行委員会で用意いたします。

●ポスター展示

・展示場所: サンポートホール高松1F 市民ギャラリー、コミュニケーションプラザ(予定)
・貼  付: 8月26日(金)15:00〜19:00
        27日(土) 8:00〜 9:00
・展示期間: 8月27日(土) 9:00〜18:00
        28日(日) 9:00〜14:00
・撤  去: 8月28日(日)14:00〜15:00
※8月28日(日)15:00以降になっても撤去されない場合は事務局で処分します。

●演題発表時における利益相反(COI)の開示について

第26回年次集会では平成23年2月に日本医学会が公表した「医学研究のCOIマネージメントに関するガイドライン」に則して、口演およびポスター発表における演題登録の際、利益相反の開示すべき項目の有無について申告いただくことになりました。ご理解の上、よろしくお願いいたします。

・申告すべきCOI状態がある場合(具体例)
第26回日本外来小児科学会年次集会
COI開示
筆頭演者氏名:○○○○
演題発表に関連し、開示すべきCOI関係にある企業などとして、
⑥委託研究・共同研究費:○○製薬
⑦奨学寄付金:○○製薬
⑧寄付講座所属:あり ○○製薬
↑開示すべき内容がある項目のみ記載
①顧問 ②株保有・利益 ③特許使用料 ④講演料 ⑤原稿料 ⑥委託研究・共同研究費
⑦奨学寄付金 ⑧寄付講座所属 ⑨贈答品などの報酬

●利益相反の開示すべき項目(日本外来小児科学会編集委員会が定める規定)

・産学連携活動に係る受け入れ額が、1企業あたり年間200万円以上(所属機関からの間接経費が差し引かれる前の金額)の場合
・コンサルタント、指導、講演、給与としての個人収益が、1企業あたり年間100万円以上(税金や源泉徴収額を引く前の金額)の場合
・産学連携活動に係る個人収益(公開・未公開を問わず、当該企業の株式等の出資・取得・保有及び売却・譲渡、ストックオプションの権利譲受、もしくは、役員報酬、特許権使用料等)が1企業あたり年間100万円以上あった場合(但し、投資信託、もしくは、当該個人によって管理・制御できない多角的なファンドにおいて資金運用される場合を除く)
・上記いずれかに該当する企業に一親等の親族が現在勤務している場合
※個人収益の場合は、前年1月1日から12月31日まで、ただし、寄付金や企業からの受託等、産学連携活動に係る研究の場合は、前年4月1日から本年3月30日までの期間でも可。

●個人情報保護等に関する発表上の注意

本年次集会での発表にあたっては適切な倫理的配慮を行ってください。特に個人情報保護の観点からその発表内容には患者やその他の関係者が特定出来る情報は表示しないようにお願いいたします。
なお、患者の顔写真等を使用する場合は、必ず本人もしくは保護者の同意を得て下さい。発表時には、同意を得たことを表示もしくは口頭で報告して下さい。